FC2ブログ
バス運転士の独り言
路線バスの運転士がその日に起こった出来事をお話するよ
ちょっとこれは・・・
新型ウイルスの猛威があまりにすごすぎて、かなり不安です。
何が不安って、まずはお客さんの激減。学校が休校。施設の閉館や臨時休業。そしてイベントの中止と、出かける目的が無くなり、バスの乗客がこれでもか?というくらい減ってます。
さらに貸切バスではキャンセルに次ぐキャンセル。私の友達の貸切運転士は、バスを売って乗務員の給与を確保すると言ってましたが、他の事業所は自宅待機や別業種の仕事(タクシーなど)をしたりと、綱渡りの日々を過ごしているとの事。
でも今はどうしようもないのかな?何せ、目の見えない敵との戦いと言ってもいいくらいの今回の事。うちらではどうにもならない。せいぜい、ウィルスにかからないよう、うがい・手洗いをしっかりするくらいしか出来ないから。
でもこれが沈静化、もしくは特効薬や治療法が確立して、安全が約束されたら、鬱憤を爆発するくらい、いろんなところ行って、いろいろ遊んでやる~!


あ、もちろん仕事もちゃんとするよ。
[ちょっとこれは・・・ ]の続きを読む
明らかに少ない
コロナウイルスの蔓延が著しく、とても不安な日々を過ごしていますが、皆さんはいかがですか?
三連休が終わり、火曜日からの仕事。運行して、明らかにお客さんの少なさを実感します。これもコロナウイルス対策の影響か?時差出勤か?自宅待機か?不要不急の外出を控えた結果か?


いずれにせよ、早い収束を期待したいです。
YouTube
最近、YouTubeにはバス運転士のユーチューバーの方もいらっしゃるみたいですね。バスの現状などを投稿していらっしゃるみたいで、とても心強い存在です。
自分は顔出ししてまで、YouTubeに投稿したいとは思ってないです。それにそれほど大したことも言えないし、容姿も単なるおっさんですから。
でも一応アカウントは持っているので、自分の趣味的な動画を上げてみようかと思い、わずかですが、動画を上げてみました。内容は、自分の趣味の鉄道の動画や画像をアップしてみようと思ってます。とは言っても、すぶの素人なので、今まで撮った動画をそのままアップするだけのものになると思います。ましてや、動画編集は勉強している暇はないので、本当に適当にあげるだけのものになると思います。
見ても本当につまらないというか、何でこんなの上げたの?みたいなものばかりアップする予定なので、別に見にこなくてもいいです(爆)見てもガッカリするだけですし。


それでもよかったら、見に来てもいいですが、本当に後悔しますよー


Bombのyoutube動画
[YouTube ]の続きを読む
暖かい
まだ2月の中旬だというのに、なんと暖かい1日だったか。毎年この時期だと、雪が降ったり積もったりの天気のはずだが、今日はとてもいい天気で、しかも穏やかな暖かい1日。気温も14度くらいまで上がったらしく、自分も制服を脱いで、ワイシャツで仕事してました。
そして車内も暖房なんてつけず、それどころかエアコンをいれてました。2月でエアコン入れたのなんて、初めてかもしれない。

[暖かい ]の続きを読む
いろいろな故障
・再起動
先週の運行の事。運行していて、乗降客もおらず、通過ボタンを押すも音声合成(車内アナウンス)が流れない。あれ?と思ったら、音声合成の機械が、再起動を始めている。まあ、ごく稀にそういう事が起こるのは承知していたのだが、この日はその再起動がやたらと多い。年に一度くらいある事が、一運行に10回以上起こって、ほとんど仕事にならなかった。再起動の間は、自分が次の停留所をアナウンスし、とりあえず事なきを得たが、結局運行終了までこの事象が続き、最終的には、メーカーに直してもらうこととなりました。まあ、直ったけどね。


・エンジンチェックランプ
月曜日の事。朝一の運行中に、ふとパネルの表示を見ると、エンジンチェックランプが点灯していた。これはエンジンの異常を示すランプで、色はオレンジ色だったため、とりあえず運行を続行した。もしこれが赤色だったら会社に報告して指示を仰ぐところだが、オレンジ色の場合は、よっぽどの異常(煙を吐くとかスピードが出ないとか)がない限り、運行を続けることになっている。幸い、何事も無く午前の仕事を終えたので良かったが、午後からはそのバスは外され、予備車での運行となってしまいました(´・ω・`)


・レッカー車
これは自分ではないのですが、運行中にエンジンが止まり、それからエンジンが全くかからなくなってしまい、整備士が出張で来て修理するも、結局エンジンがかからず、大型車専用のレッカー車で整備会社までレッカー移動されるという事がありました。
レッカー費用、いくらだったんだろう。気になるなあ~
[いろいろな故障 ]の続きを読む
凍結の影響で
昨日2月7日のこと。
前日から予想最低気温がマイナス3度とか5度とか、なかなかな気温の冷え込みの予想で、道路がガチガチに凍結することが予想されたが、この日の朝は、本当に寒かった。そして道路はガチガチのつるっつる。なので早めに出勤。そしてバスの点検をしっかりし、フロントガラスの凍結なども取り除き、点呼をして、さあ、出庫しよう!とサイドブレーキを解除した。
あれ?動かない?(?_?)
エンジンの拭かす音だけが響き、バスはうんともすんとも動かない。おかしいなあ?と思いながらエンジンをふかすも、わずかに動きはするものの、到底走行するというような走りではない。これでは出庫どころか、仕事にならないぞ、と思い、点呼場に報告に行き、助役に状態を見てもらった。すると助役が一言。
「サイドブレーキが凍って、解除できなくなっているぞ」
は??(゚д゚)!
そんなことって…と思ったが、そんなこと言ってられない。すでに出庫時間が迫っているので、すぐさま予備のバスを用意し、滑りながらもなんとか準備をしたが、結局遅れての出庫に。さらに悪いことに、始発地点へ行くにも、道路の凍結で道はノロノロ運転で、交差点を曲がるにもスリップする車を横目に、超低速で曲がるなど、終始ヒヤヒヤ。結局遅れての運行となってしまったが、そのあともノロノロ運転しかできず、最大で1時間以上の遅れとなり、この遅れは一日引きずり、ほぼ休みなしでも運行となってしまいました。
確か、遠い記憶に、凍結が予想されるときは、サイドブレーキをかけずにギアをセカンド、またはバックに入れたままにして、タイヤに歯止めをがっちりかませて駐車させておく、というのを思い出したが、今のバスはサイドブレーキはホイルパーク方式のエアブレーキで、昔のようなサイドブレーキではないし、今日のバスはオートマのバスなので、そんな駐車の仕方もしない。なので、凍結した時のことなんて想像してなかったので、驚いてしまった。
[凍結の影響で ]の続きを読む
今週のいろいろ
・500円玉だけ
月曜日の運行でのこと。お客さんが両替をしようと、硬貨投入口にお金を入れたが、すぐに戻ってくる。まあ、入れ直ししたら、と思っていたが、何度入れても戻ってくる。バスが止まったときに
「すみません、硬貨交換しますね」
と500円玉を別の硬貨と交換してみる。しかし交換した硬貨を投入しても、やっぱり落ちてくる。どれも普通の500円玉で、旧の硬貨でもない。仕方ないので、手持ちの千円紙幣を両替したら、紙幣は両替できたので、そこで500円分のお金と500円玉を両替することに。
そのあとも500円玉の両替のお客さんはいましたが、いずれもできないみたいなので、千円札を両替し、その中から500円分を渡すことにした。
ただ不思議なことに、100円玉、50円玉の両替はできるが、500円玉のみ受け付けしない。なんでだ??と思いながら片道の運行終了。
なんでなんだろう?と思いながら、硬貨投入横の返却ボタンを押してから入れたところ、普通に両替のお金が出てきました。(>_<)なんだ、そんなことで直るんだったら、最初っからそれやっとけばよかった。って、その時には思い浮かばないんですよ。

・新型肺炎対策
ついにうちの会社でも、乗務員のマスク着用が命ぜられました。まあ、コロナウィルスによるバス乗務員の感染のニュースがあったら、仕方ないですよね。
うちの会社の福利厚生として、営業所にうがい器があり、休憩室には空気清浄機も完備で、風邪やインフルエンザの対策はしてあります。後は個人的に、アルコール入りのウェットティッシュを常備してます。まあ、病気はしたくないですからね。

・私立高校入試
毎年私立の入試の時は、私立高校周辺の道路が激込みして、バスの遅延が発生することが多々ありましたが、今年は一部で遅れることはあったけれど、あまり大幅に遅れることはなかったな。まあ、雪がないというのが大きな要因だったかもね。ありがたいです。
クラッチ板のへたり
今日のバスは、先日乗ったクラッチの効くところがなかなか合わないバス。もうそれだけで気分ガタ落ち😣でも今日は早上がりなので、我慢して乗ることに。
今日はクラッチの効くところが割といい感じに合ったので、先日ほど苦労はしなかったのですが、それでも発進の際のノッキングがあったり、ギアチェンジでの多少のショックがあったり、やっぱり運転しにくかったです。
このことを整備の人に言ったら、

「それはクラッチ板がヘタっているかもね」

と言われました。クラッチ板の摩耗などで、繋ぎが悪くなり、ショックが大きくなることがあるとのことで、最悪はギアが入らなくなり、走行不能に陥ることもあるそうです。
半クラッチの多用が要因とも言われています。ギアチェンジしたら、クラッチからは足を離しましょう。
copyright © 2005 バス運転士の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.