バス運転士の独り言
路線バスの運転士がその日に起こった出来事をお話するよ
非日常のバス運行 その2
・高速走行
路線の運転士である自分だけど、たまには貸切の仕事もする。とはいえ、観光するような仕事ではなく、送迎がほとんど。今回の仕事も空港から目的地までの片送りという、対して大したことはない仕事。気楽に空港へ迎えに行った。
ところが、飛行機が1時間以上遅れ、待ちくたびれた頃に飛行機が到着し、お客さんが降りてきた。そして添乗員さんが一言。

(・∀・)<遅れたので、高速使っていってください。

・・・Σ(゚Д゚)!!な、何だってー!?!!

実は高速教習一回、実車も一回しか経験がないので、高速道路の走行には人一倍緊張しまして・・・一応指示書にも状況に応じて高速になるかを聞いてください、とは書いてあったけれど、こうもあっさりと高速使うとは・・・まあ、遅れたから仕方ないと言えば仕方ないか。

ETCカードを装着し、いざ高速へ・・・緊張する。高速での走行は、普段味わえない緊張なんだよなあ。脇の下にじわりと汗がにじむよ。しかしそんな気持ちもよそに、添乗員さん、どんどん俺に話しかけてくるんだよな(−_−;
そうこうしているうちに、30分も経たないうちに高速を降りる。やっぱり早いな。それから目的につき、お客さんとお別れ。いやあ、今回は緊張したけれど、また高速乗る機会があるかな?

・現場輸送
時として、いろんな輸送をすることがある。学校輸送だけではなく、会社関係の輸送もすることがあり、今回はその仕事が当たった。当たるのはいいが、朝5時出勤・・・さすがに眠いわ(つД`) それでも会社のみなさんも仕事なんだから、こちらも眠いなんて言ってられません。

・コンサート輸送
2日間でコンサートがあり、一日目にコンサートの臨時バスの仕事をしてきました。コンサートの輸送バスは何度かしたことあるのですが、今回はイマイチ乗り気じゃなかった・・・というのも(略)
夕方から駅の臨時バス乗り場にバスをつけたのですが、すごい行列。そして100%女性ばっかり。コンサートの開演前まで4回走ったのですが、全て満員で運行しました。
コンサート中は車庫で待機し、終わり頃に車庫から会場臨時バス乗り場に移動し待機。帰りはとにかく人海戦術で、バスがいっぱいΣ(・ω・)!!
コンサートが終わり、お客さんがどんどんやってきたが、とにかく乗せては発車乗せては発車を繰り返し。自分もお客さんをパンパンに乗せて、駅まで送った。
みなさんお疲れさまでした。コンサート楽しかったかな?俺も聞いてみたかったな。
非日常のバス運行
・センター試験
もうだいぶ経っているけれど、センター試験の臨時バスの仕事をしました。調べてみると、4年ぶりくらいかな?でも久しぶりにやると、高校生の質も変わっているのかな?以前まではバスの中でじっと参考書を読む姿が見られたのですが、今年はガンコやかましい!本当に試験受けるのか?と思うくらいバスの中で騒ぎまくっていたのにはかなり閉口してしまった。挙句の果てに
「俺試験終わったらホー○ラン(パ○ンコ屋)いってくっぞいや」
おいおい、制服着ていくつもりか?

・冬季限定路線
去年までは実験路線の名目で走っていたのですが、今年から季節運行ということで、冬季限定で運行している路線の仕事をしました。でも去年はほとんど夕方の復路の路線ばかり運転したのですが、今回は朝の往路の運行。しかも道は去年走っているから分かるよね?と路線見学はなし。まあ自分も去年やっているから大丈夫だろう、と思っていたのですが、さすがに一年のブランクはでかく、何度となく「あれ、ここ曲がるんだっけ?」とか「このバス停でいいんだっけ?」とか、びくびくしながら走っていました。
とかなんとかいいながらも、何とか無事に終了。さすが朝の通学ということもあって、かなりいっぱいになりました。

・冬季スクールバス
一部の高校では、冬季限定でスクールバスの運行を行なっている。朝の登校は一回だけど、夕方の下校は三年下校、通常下校、部活下校と3回も行かないといけない。ちょっと大変だけど、路線みたいに運賃を見なくてもいいので、その点ではちょっと楽かな?
行きは順番に生徒さんを乗せて学校へ行くのだが、帰りは生徒さんにどこで降りるかを聞き、そのあとに道順を決めて走るという、ちょっとした楽しみもある。(降りる生徒さんがいないのにバス停に行ってもしょうがないので)それでも、大抵は基本の路線を走ることが多いので、大幅にワープするということはまずないのですが・・・(^^;
なぜか去年は一度も当たらなかったが、今年はすでに3回も当たっているし、これからも当たるだろうな。このルートは自分達の路線の一部を走るだけでなく、他のグループの路線の一部も走るので、めったにいけない路線やバス停を通るのは、ある意味とても興味深いですぞ。

・資格試験臨時バス
試験会場行きの臨時バスの仕事をしました。はっきり言って、どのくらい乗るかがわからなかったけれど、走ってみてビックリ!バス十数台でいったのだけど、全てのバスが満員。もちろん自分のバスも目いっぱいパンパンに乗り、心の準備があまり出来ないまま焦りながら走っていきました。
そして帰りも会場から受験された方がどっと出てきて、ガチンコに乗せて会場から駅へ走って行きました。とにかく路線とか道とかじゃなく、目いっぱい乗せた、というのしか覚えていない臨発運行でした。
雪酷し
いきなり来ましたね。大雪毎日ひいこらいいながら運転しています

毎日バスが遅れて申し訳ありませんです

とはいえ、私も遅れたくはありません寒空の下、バス停で待っているお客さんのために早く行きたいのですが、如何せん渋滞の酷さは通常の比にもならず、自分も休憩時間を削り、とにかく走り続けています。

それにしても、最近は朝夕のラッシュ時に吹雪になり、渋滞の酷さに拍車を掛けている感があり、もうちょっと考えてくれよ!と思ったりもするのですが、天気にそんなこといってもなあ・・・


早く春になって欲しいよ


copyright © 2005 バス運転士の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.