バス運転士の独り言
路線バスの運転士がその日に起こった出来事をお話するよ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10年
月日の経つのは早いもので、バス運転士になって10年目を迎えることとなりました。

思えば10年前の3月、残雪残る会社に初出勤し、卓上教習、車庫内教習、路上教習、教官の横乗り教習を経て、一ヵ月半の後の独り立ち。それからいろんなことがありすぎた。

最初のほうこそ、バスの運転に毎日緊張する日々だった。坂道発進が苦手で、満員のお客さんを乗せて1メートルほど下がってしまったこともあったり、3回もエンストして女子高生に笑われたり。
歩道を走っていた自転車がいきなり車道に飛び出して、危うく巻き込みそうになったり、交差点を直進していたら、無理に右折しようとした車と正面衝突しそうになったことも。
バスの中に虻が紛れ込んでお客さんが騒ぎ出し、バス停で止まってから追い払ったこともあったし、運転中にふと手を見ると蚊が血を吸っていたが運転しているので殺すことも出来ずにいたことも。
ドアが閉まらなくて、何度も開閉をしても閉まらず、確認したところパチスロのメダルがドアのレールに挟まっていたこともあったし、雪で安全装置が凍ってしまい、ドアが閉まらなくなったことも。
酔っ払いに絡まれたこともあったし、吐かれたこともあった・・・
車庫を出る直前にエンストしてそこからエンジンがかからなくなって急遽代車を用意したり、坂道を走っていると突然警告音とともにエンジンが止まり、代車待ちで30分止まっていたこともあった。

なんて書いていたらきりがないくらい、いろんなことがあった。楽しいこと、つらいこと、しんどいこと、腹立つことなど。
今ではいつもの運転業務はもちろん、新人の教習をすることもあったり、中の仕事の手伝いをすることも。入ったときは下っ端だった俺も、今では上から数えたほうが早いほどに。

これからもいろんなことがあるかもしれないけれど、今までと変わらない「安全運転」「無事故無違反」「苦情無」を自分のモットーとして、いつまでもこの仕事を自分の生業として続けていけたら、と思っています。

[10年]の続きを読む
スポンサーサイト
しまった、また一ヶ月空けてしまった。すんません。

1月の終わりにヘロヘロな日記をアップした後、なかなかアップしてませんでしたが、2月は割りと落ち着いた日々をすごしていました。
今年は雪も少なく、運転にあまりストレスがなかったことと、時間外勤務をあまり言われなかったこともあり、休めるときには休んだれ!と思い、有給を思いっきり使い、とにかく休みまくりました(爆)
自社の日帰り旅行に参加したり、隣県の鉄道の新車に乗りに行ったり。あとちょっと宝くじにはまった(笑)それからよくお酒を飲みにも行ったな。とにかくストレスを思いっきり発散しまくり。なので、今はいろんな意味でちょっとだけマシな感じです。

でもツケはしっかりと来て、体重はまた増えました(爆)なので、これからは春に向けて本気でやせるようにしていく予定です。

あ、それと仕事ですが、相変わらずですよ。毎日がんばっています。
最近更新がされていないのは、去年いろいろな炎上を見ていて、今まではそんなに気にしていなかったことでも、
「これって書いてもいいのかな?」
って思うと、なかなか書きづらくなって・・・ていう気持ちが強くなってきて、更新や書き込みに二の足を踏む状況が続いています。
でも本当に書きたいと思ったときには書いていこうと思いますが、期待しないで待っててください。
copyright © 2005 バス運転士の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。