バス運転士の独り言
路線バスの運転士がその日に起こった出来事をお話するよ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
携帯の注意
10日

今日は夜遅くまでの仕事。しかも今日は一日雨。見にくいし、運転しづらいし、結構疲れます。

最後の路線を運転していたときのこと。バスの中は男性一人と、サラリーマン3人の計4人。そこへ、高校前から女子高生が携帯電話をかけながら乗ってきた。お客さんが少ない中車内では、その女の子の電話の声はよく響く。すると男性が女子高生のところへ行き、
「携帯電話での通話はやめろよ!マナーを守れよ!ダメだよダメだよ!」
と注意しだした。ミラー越しで見ていたが、最初は無視して話し込んでいたけれど、執拗な男性の注意にさすがにばつが悪くなって通話をやめたのだが、運転中だった俺はものすごく困惑してしまった。ここでの俺は携帯電話の通話をやめるように注意するべきだったのか、それともしつこく注意する男の人を諭すべきだったのか。
よく「車内での携帯の通話を運転士は注意しない」といわれることもあるが、運転中などなかなか出来ないこともあったり、注意には難しいところもあるが、お客さん同士の携帯電話の注意もかなりトラブルになることもあり、本当に難しいところです。
コメント
この記事へのコメント
漏れも今日、冷静かつ毅然と
今、本日の漏れのウテシ勤、閉局した。
いつも長い仕事して、たまにはいいね。
明日は前述の「武田節」発祥の地へツアー勤です。
明日の出勤は夜中です。だから今日はこれにて閉局。

さて、短いウテシ勤でも今日は非常にやりがいがありましたよ。
今日は某コース3往復だけ。

1往復目 最初から すいてるにもかかわらず座らない♀高校生。
漏れは、しばらくして「すみませんがお席空いてますのでお座り願えませんか」と促す。
♀高校生は座るが、次のバス停ですぐに降りた。
おいこらー。学校までかなりあるぞ!一区間で降りてどうすんだー!!
2往復目 走行中に両替の口実つけて席を立とうとするジジイ。
「すみませんが、両替などでもみだりに席を離れないようにお願いします」
再三催告しようが…席離れたいとそわそわしてた。ミラーでわかる。
で、長い信号で止まると、漏れがOK出すと、すぐに両替しだす。
しかも、イヤホンで音楽しゃかしゃかしてる若い♂もいた。
冷静に催告すると、すぐに嫌な顔つきになって、
降りるときに、漏れの胸につけていた名札をつかんでいく。
漏れの名前をぼやきながら…
これを踏まえながら3往復目 前述の高速バス並みの案内を試みる。
「いつもご利用の皆様には耳障りと存じますが、
新年度ともありまして、初めてご利用のお客様もいらっしゃいます為に
この場を借りましてご案内をしたいと思います。」
乗降方法・携帯・イヤホン・座席使用・両替の時期、運賃の支払い方法などを説明する。
いやぁ。血圧上がって嫌な気持ちと思われるが、やりがいがある。
何しろ、トラベル・ラウ第1条を理解してると、冷静かつ毅然に対応できる。
このあと言いたいことは何度も述べちゃうから、改めて言うまでもなかろう。
では、次の出勤まであと13時間。
ゆっくり休も。
2008/04/11 (金) 14:34:40 | URL | トラベル・アナリスト #-[ 編集]
No title
携帯電話で話しながらバスに乗ってきて、注意されたのにキレて何分も乗らないうちにバスを降りる学生、こちらでもいますよ。
確かに、トラブルになるのも困りますが、注意もできないという難しい出来事ですね。
2008/04/12 (土) 14:46:50 | URL | セレガマニア #50jynCW6[ 編集]
No title
 一番、嫌なパターンですよねえ。
 ヘタにヒートアップする前に、Bombさんが割って入るのが一番のような気がしますが――
 そのタイミングが一番難しかったり。
 ワンマン化になって、一番のデメリット見たいな気がします。
 って、車掌さんがいた時代は、みんなほんわか乗っていたような気がします。
2008/04/12 (土) 16:54:13 | URL | BB #-[ 編集]
確かに・・・。でも運転士さんが、携帯やめるように言ってくださる方がいいかなと思います。乗客同士だと、トラブルになった事もありますし・・・f^_^;
2008/04/12 (土) 20:40:06 | URL | ひとみ #-[ 編集]
やぼな十手は見せたくないが
そういえば、あの銭形平次の歌に、
やぼな十手は見せたくないが 見せてききたいこともある
ってのもあるし。

つまり、ほんとは催告したくはないのだが
催告しなければならないこともある。

公正維持と安全確保の為にも…
却ってそれが、利便の増進につながるのではと考える。

なんにせ、まともに乗っているお客様にはそういう事情や状況なんか関係ねーし。

以降の歌詞
悪い奴らにゃ先手をとるが…………………とんだことさと苦笑い

んま。とらべる・らう第1条もそうだけど
今述べた銭形平次の歌
それから、北○三郎の歌
心からマスターしなさい。
そして、怒る事なく、心をこめて唄いなさい。

これが心の「魂」だ!!
現代人は、それも知らない…

ちなみに漏れの父。
北○三郎後援会に加入している。
その歌にある心を下に、運送会社の組合で人事を手掛け
子供の漏れには、小さいときから………………………………………………
2008/04/13 (日) 18:02:02 | URL | トラベル・アナリスト #-[ 編集]
No title
初めまして、nanaです。
公共交通機関、サービス業として捉えれば利用者の立場からすれば安全で快適に、というのがサービス提供者に求めるところです。
バス車内での携帯の使用は他の乗客からすれば不愉快なもの。
快適性を損なうような行為をする人にはサービス提供者に注意をして欲しいというのが私の気持ちですね。
確かに運転に集中するという運転手の職務との兼ね合いは難しいところ。
だから声高に運転手にのみ注意をするべき、とは言えないのですが。
乗客の立場だったら、ということでの意見です。
2008/04/13 (日) 21:19:48 | URL | nana #-[ 編集]
コメントありがとうございます
>トラベルアナリストさん
前部案内したのですか?それはすごい・・・というか、その案内を今度教えてほしいものです。なんせ高速路線もっていないんで・・・(^^;
>セレガマニアさん
注意できないというか、運転中にはやはりできないというか、しにくいので、その辺が難しいところです。
>BBさん
今回は運転中に起こってしまったので、こちらも対処の仕様がなく・・・でもやばい状況に陥ったら、さすがに運行中止してでも止めに入らないといけない、とは思いましたよ。
>ひとみさん
何度か注意というか、お願いみたいな感じでいったことはあります。やめる人はすぐにやめるけれど、やめない人は全く無視ですね。
>nanaさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
乗客の皆さんのことを思えば、携帯はすぐに切って欲しいのはやまやまですが、本当の急ぎの用事など緊急時のこともあると、むげに即「携帯はおやめください」ともいいにくいところもあるので、状況を見て携帯の通話のご遠慮いただいくようお願いしています。
今回は走行中に突然起こったことなので、こちらとしても対処のしようがなかったのですが、本来であれば、乗ったときに一言言っておけばよかったかな?というのがありました。
2008/04/20 (日) 13:07:20 | URL | Bomb #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 バス運転士の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。