バス運転士の独り言
路線バスの運転士がその日に起こった出来事をお話するよ
この後の旅の予定
もう少しで仕事に復帰するので、その前に旅に出よう(^^;
というわけで(どういうわけだ?)明後日大阪に行ってきます。
串カツ食べたいのと、交通科学博物館にいきたいというのがありまして。
でもこの度は日帰りで行く予定。

その後、7日夜から関東に。8日に試験を受けに行ってきます。で8日の夜は大宴会(^^;
もし参加したい方はどうぞ!(ただし面識のある方のみ)
9日は関東をぶらり途中下車の旅でもしよう。
コメント
この記事へのコメント
いyぴよ、日本シリーズ・総合・・・
俺ちゃまは、今日からこの名前で行きまっせ。(旧・うえ○らふぁん)
巨人 セリーグ優勝。
俺ちゃま、国内試験合格? で、胴上げ、ビールかけ。

さあ。次は、日本シリーズ。
俺ちゃまにとっての日本シリーズ、それはいうまでもなく、
「総合旅行業務取扱管理者試験」。
さあ。二度目の胴上げ、ビールかけ、実現なるか?
2007/10/02 (火) 23:58:22 | URL | トラベル・アナリスト #-[ 編集]
第X回椅子取りゲーム 只今成功
そういう俺ちゃまの往復は
行きはKMQからHNDまで、、朝一番のJL1270で。
特割1を利用して、13300円。安いねえ。
去年は10:00入場だったのが、今回は10:30からの入場。
どうせ、夜行バスや、「北陸」で早く着いたところで、すぐに会場入れてもらえるわけでもないし。
かといって、遅刻も問題外。朝一番の列車も・・・。
そこで、早朝の飛行機がベスト。と、判断したわけ。

試験が終わった後、列車で帰ります。
ここでもまた、、前回の「特別演習」の帰り同様、指定券TAKE合戦をしたぜ。

会場のそばの駅から、埼京線で大宮、そこから新幹線の自由席で越後湯沢。
大宮越後湯沢は、1時間かかるかかからないかで、
かつ、途中の高崎で可也の乗客が降りていくので、我慢するほどのものではない。

この実態、お盆最後の日曜日に体感しているから・・・。
MAX車両2階の自由席のシートは6列の直角シートで、窮屈ですわり心地は悪いが、混んでて立って乗るよりまし・・・。

あの日、午前に24時間テレビの「日本武道館」、昼から「国内試験の模試」を受けた帰り道のこと・・・。
大宮で自由席の4号車から後ろへいくと、3・2号車と、可也の立ち客。混んでた・・・。
しかし、一番後ろの1号車まで行くと、2階に空き席が数席ある。
当然、その空き席に、越後湯沢まで座り通す。
しかも、途中の停車駅・高崎で、かなりスカスカに・・・。

さらに、途中、高速道路とラップするが、、東京方面、大渋滞・・・。
もし、高速バス選んだら・・・。

そして、越後湯沢に着いて、すぐに「はくたか」に乗り換え。
直江津まで立って過ごし、そこでいくつか空席が出る。(もちろん、自由席)
その空いた空席に、金沢まで座り通して、帰宅・・・。
しかし、多くの立っていた乗客(特に10代の・・・)は、そのような原理知らないのだろうか、
直江津済んでも、座れずにいた・・・。
その辺俺ちゃまは、犀潟通過時に、きちんと「さあ。行くか。」の構えしていたから・・・。
このときばかりは、椅子取りゲーム・・・。自由席での現場版・・・。

さて、その「椅子取りゲーム」。今回はPC版。
前回は窓口版の椅子取りゲームに成功し・・・。「ひだ」に・・・。
しかも、試験の話のわかる係員だったし・・・。

せめて、「はくたか」の指定、何とか・・・。
帰りはもう、どいつもこいつも、×印。
そうこうしているうちに、PCで空席情報を見てみると
越後湯沢18:37発「はくたか20号」グリーン車、△。
早速5489サービスに電話して、TAKEできた・・・。
その後、もう一度、空席案内見ると、又、×に・・・。

よっしゃ。列車予約もパスしたし、この調子で次は、「試験」にパスしよう。
2007/10/03 (水) 20:45:43 | URL | トラベル・アナリスト #-[ 編集]
ついに明後日だ!
>トラベルアナリストさん
今回は海外実務が全然勉強できなかった。、というか、もともと学生の頃から
世界史が嫌いで、海外地理も苦手だったから、今回はまず受からないだろうなあ・・・

俺も最初は飛行機で行こうかと思ったのですが、せっかくなので首都圏往復フリー切符の寝台北陸使って行き、
また休業中なため、一日泊まって次の日に帰ることにしました。
はくたかで帰っているときは池袋で飲んだくれてます(^^;


2007/10/06 (土) 15:22:14 | URL | Bomb #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 バス運転士の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.