バス運転士の独り言
路線バスの運転士がその日に起こった出来事をお話するよ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぼろぼろだった貸切業務
本来、私は路線バスの運転士。貸切はごくたまにやるのだけど、土曜日に久しぶりに貸切バスの仕事。個人的に貸切は苦手です。路線の場合は決まった道を走れば問題ないんだけど、貸切は目的地から目的地まで走るだけだけど、はっきり行ってあまり道知っているわけでもないし、大型貸切バスも慣れてないし。でも仕事であたってしまったからには仕方ない。地図を調べてコピーして、出発することに。
まずは体育館からキゴ山の自然の家までの送りの仕事。小学生いっぱいと先生を乗せていってきましたよ。最初はなんてことはなかったんだけど、キゴ山に近づき、坂が多くなってきたら、ギアの入れ替えが大変。しかもラストの坂ではセカンドでも登るのがやっとこ。目的地に着いたら、エンジンがくさかったなあ・・・
二本目は公民館から旅館までの送迎。旅館で会合かなんかだったのかな?これも地図を片手に行って、それは何とかなった。しかし迎えの時に飲んでいるから遅くなるだろうと思っていたら、遅くなるどころか早く終わっていたらしく、みんな玄関で待っていて、旅館の人に怒られてしまった・・・(´・ω・`) 無事に送り届けたが、車庫に着いたときはかなり凹んでしまった。
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様でした
路線バスのほうが大変というイメージがありますが、貸切バスも別な面で大変なのですね。
Bombさんの職場隣接貸切バス会社に勤めている友人を思い出しました。(最近会っていないので・・・)

旅館の人、ヒドイですね。
普通は、お迎えの時刻をバス会社に伝えていると思うので、その時刻よりも遅れたのなら解るけど、早く終わって待ったからといって、運転士さんのせいにするなんて。。。

話がまったく変わってしまいますが、
以前に妻の職場(保育所)のバス遠足で、出発地から目的地(中能登地区)に着いて利用者を降ろしたバスが、名古屋へ行ってしまい、帰りに別のバスが来たということがありました。利用者には、事前にその事を知らされておらず、車内に荷物を置いたままだった人がいて大変だったとか...。
チャーターしたバスが同日に他の所へ行ってしまう事は、よくあるのでしょうかね。
あっ、このバス会社は、Bombさんの会社とは全く関係ないところでしたよ。
2007/12/11 (火) 13:00:19 | URL | Nakapya #9f0R4O.2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 バス運転士の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。