バス運転士の独り言
路線バスの運転士がその日に起こった出来事をお話するよ
土曜日のこと
嫁はんとK林坊に行ったときのこと。駅からわざわざ同僚のバスに乗車(もちろん内緒で)たまには同僚がどんな運転しているか見てみないとね(o^-')b
そしてK林坊に着き、降りようとしたところ、前ドアからバスを待っていたお客さんが同僚に尋ねてきた。

(・Д・)<○ヶ丘いきたいんやけど
(・ω・;)<○○方面のバスに乗ってください。
(・Д・)<それ何番のバス?
(・ω・;)<えーっと・・・

足止めくらって待っていたが、どうもこれは長くなりそうだ(-Д-)同僚の方を向き
(・ω・)<▽番と△番だよ。
と小声で教えてあげた。何とかお客さんも納得してもらえ、自分達も無事に降りることが出来た。

休み明け、同僚から手厚いお礼の言葉をいただいた。言葉よりも缶コーヒーが・・・なんてね(≧▽≦)
コメント
この記事へのコメント
運転士としてお客さんに案内出来ないっていうのはまずくはないのかな?
ココで持論を展開しても仕方ないんですけど(笑)

しかし、同僚の仕事ぶりっていうのは何気に気になるもので、機会があれば誰かを襲撃してみたいと思う今日この頃(笑)
2010/06/14 (月) 23:28:45 | URL | チョイヲタ #-[ 編集]
はじめてコメントさせていただきますー
バス関係ではないですが乗り物大好き人間です!
まだ20代の若造ですが、ちょいちょいコメントさせていただきますので
よろしくお願いします。
お礼にコーヒーは定番ですよね 私はRoots派です。
2010/06/15 (火) 06:42:33 | URL | poverty #FCOwJcAQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 バス運転士の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.