バス運転士の独り言
路線バスの運転士がその日に起こった出来事をお話するよ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早っ!!
次のバスに乗り換えしたときのバスの中でのこと。なかなか色んなバスに乗っていると、いろいろと参考にすることもあるなあ、と思いながら乗っていた。
あるバス停で乗車扱いをし、次のバス停の放送が流れてふと外を見ていたら、バス停が過ぎていった。
(・Д・)まさかあれバス停?っていうか、数十メートルしか過ぎていないのに、すぐ次のバス停ってあるかな?
と思っていたら、すぐ次のバス停の放送が。そしてお客さんが
(´ω`)<すみません、○○ってバス停は?
すると運転士さん、
(・Д・)<過ぎましたよ
お客さんビックリ(◎Д◎)俺もビックリ(◎Д◎)
(;´ω`)<あらー○○で降りたかったのにー・・・」
(・Д・)<△△と○○のバス停はすごく近いので、すぐに降車のお知らせしていただかないと通過してしまいます。

それを聞いて俺は思った。
すぐに着くんだったら、車内アナウンスなどでお客さんにご案内するべきじゃないのかなあ。地元のお客さんならいいけれど、それを知らないお客さんだったら困るぞ。

結局そのお客さんは次のバス停までご案内となりましたが、次のバス停までがえらく遠い。ちゃんと戻れたかな?お客さん。ちょっと気になった出来事でした。
コメント
この記事へのコメント
すぐに過ぎちゃうのも困りますが、時々、『次は○○』って、前に出る文字?を動かすのを忘れてる(?)バスがあって、地元の人じゃなかったら困るだろうなあって思います(:_;)
2010/08/25 (水) 11:32:36 | URL | あずさ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 バス運転士の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。