バス運転士の独り言
路線バスの運転士がその日に起こった出来事をお話するよ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
盲導犬
ある区間に目の不自由な方が盲導犬をつれて乗ってくる。最初のときこそ、「わー、盲導犬だー」と思い、ビビリながら運転していましたが、今では何も思わずに、それでも乗車したときは普段より少し緊張しながら運転しています。

お客さんもちょっと緊張するみたいで、バスに乗ってきたお客さんが盲導犬を見て一瞬びくっとなるときも。でも盲導犬君はご主人の横でちょこんと座っているだけ。
以前、下校中の小学生がバスの中でわいわい騒いでいたが、盲導犬が乗ってきたら急にシーンとなり、小声でヒソヒソ( ´・ω・)(・ω・` )
「犬乗ってきたよー」
「頭なでてやれよ」
「やだよー、かんだらどうするんだよー」
「なんだよー怖がってんじゃねーよ」
とかいいながら、遠巻きに見ていた。ちょっと可愛かったな(・m・)

でもおばちゃんはそんなことお構いなしで、
(・∀・)「あんたはいい子やねえ」
といって頭をガシガシなでていたっけ。コレコレヾ(・・;)

これも以前、親子連れの会話でも
「ワンちゃん、バスに乗ってるー、かわいいー、なでていい?」
「今このワンちゃんはお仕事しているから、だめだよ。」
「おしごと?」
「そうだよ。だから邪魔しちゃだめなんだよ」
「ふーん」
小さい子に盲導犬のお仕事がどんなのか分かるかな?


バスには身体の不自由な方も多く乗車されますが、誰にでも優しい運転を心がけて、これからも頑張って仕事しまっせ!!
コメント
この記事へのコメント
やさしい運転されてるの、ブログで十分わからますよ!
これからも頑張ってください。
2011/05/10 (火) 09:30:21 | URL | みよ #-[ 編集]
>みよさん
ありがとうございます。
2011/05/20 (金) 16:38:34 | URL | Bomb #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 バス運転士の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。