バス運転士の独り言
路線バスの運転士がその日に起こった出来事をお話するよ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ツアーバス事故について
関越自動車道でのツアーバスの事故。亡くなった方まで出てしまい、バス運転士としてこんなに悲しいことはありません。とても残念でなりません。亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、怪我をされた方の一日も早い回復を心より願うばかりです。

事故原因が居眠りの可能性が高いといわれていますが、バスの運転で金沢から東京(というか千葉)までワンマンというのはどうかと思うのですが。たとえ行きがツーマンだったとしても。そしてなぜ上信越道経由じゃなかったのか。関越道の方が遠いのに。そして旅程にも問題はなかったのか。疑問を言い出せばキリがありません。

とにかく原因の徹底究明と、今度絶対このような事故が起こらないような対策を講じて欲しいと思います。旅行会社、そしてバス会社に言いたいのは、安全対策が取られないのであれば、バスを運行しないで欲しいです。

そして、自分もこれまで以上に安全最優先で仕事に取り組まないといけない、と思いました。


本当ならもっと早く書かないといけないのかもしれないのですが、とにかく自分の心の整理をして落ち着いてから出ないといけない、と思い、書込みが遅くなりました。
コメント
この記事へのコメント
必ずまた起こると思いました。
Bombさんお久しぶりです。かなりショッキングな事故でしたね。あまり悲観なさらないでください。
この事故の原因は旅行会社が勝手に貸切ツアーバスの料金設定ができてしまうところです。旅行会社が安すぎる料金設定をしてバス会社が拒否をしてしまうと小さいバス会社は破綻してしまう現状があると思います。
これは放置してきた国の責任です。
運賃等は旅行会社が勝手に決めるのではなくバス会社・鉄道会社が決めれる法律が必要だと思います。
2012/05/02 (水) 19:51:19 | URL | ないとぅー #aEEDhgpU[ 編集]
自分も考えさせられました。
自分も生まれて初めて、こんな悲惨なバス事故を見た気がします。


デフレの影響から運行単価が下がり、過酷な労働条件はトラックドライバーと同じですね。


そして進行方向左側最前列は、バス好きには特等席ですが、ほんとぞっとします。


バスが好きなんで、今後も夜行バスや高速バスを変わらず使い続けますが、ツアーバスではなく、路線系バス会社にしようと思います。また、安さの裏にある理由やリスクも考え、健全な運賃がもらえる正常な環境になって欲しいです。
2012/05/02 (水) 23:03:18 | URL | たっきー #-[ 編集]
なんだか。
私はもうハンドルを置いてから、五年近くになるが、その頃から労働環境の悪さは事実あった。

私は歳を取ったら出来ない商売だと思って転職したが、事故を起こす理由が
全て労働環境の悪さの様にマスコミは
報道している。

疲労困憊にしても、居眠りで事故を起こすなど、あってはならない。

どんなに疲れても運転するのが、運転士と呼ばれる理由ではないかと思う。

今回の問題は会社の原因と運転士の質を別に考えるのが妥当だと思う。

昔の仲間を含めて、運転士さんは一生懸命、安全に運転してくれている。

その様な方々がなんか軽視される様な
気がしてならない。
2012/05/03 (木) 18:54:36 | URL | 元運転士 #-[ 編集]
今回の大惨事について
私もどちらかと言うと関越道経由で向かいたい一人です。
上信越は対面通行区間があり、更にアップダウンがキツく走りにくいです。
連休や冬期間は関越道が安全ですからね。
夜行となれば対面通行は必死にハンドルですよ。一瞬が命取りです
2012/05/04 (金) 01:58:33 | URL | ひもの #FilvtTCs[ 編集]
上信越道は片側一車線とかアップダウンが激しい道路が多いのです。関越道はそこまでの起伏がないのです。もし自分が運転手でも同じルート通りますね。ジャンクションも一回ですむし。
居眠りは夜行バス運転手なら皆あるのではないでしょうか。夜の高速ほど退屈な運転はありませんから。
2012/05/04 (金) 13:34:28 | URL | いちたすには #ssipyxQM[ 編集]
私のいる営業所に出入りしている乗務員さんとの会話で「何で関越道?」という意見が多数です。
それともうひとつ「乗務員が勝手にルートを変更できる時点でおかしい」という意見が多いです。
仕事上許可されていない道路が迂回路の場合走れないので、会社にその都度迂回路を確認し、迂回路がない場合開通まで待つときもあります。
2012/05/10 (木) 15:53:55 | URL | 愛知の事務員 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 バス運転士の独り言 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。